夏季限定ビアガーデン「YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills」6月9日にオープン!特別醸造の『ARK Hills Ale』で夏に乾杯!

6月9日から9月3日まで、アークヒルズ アーク・カラヤン広場(港区赤坂)に、夏季限定ビアガーデン『YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills』がオープンします。

2013年夏に、よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS(当時はよなよな BEER KITCHEN)」の開業前イベントとしてはじめて登場したこのビアガーデンは、ヤッホーブルーイングの人気ビールがすべてドラフトで楽しめることから、業界はもちろん、ネット上でも話題を呼び、多くの来場者が訪れました。

そして、2014年と2015年は装いを新たに「よなよな BEER GARDEN in ARK Hills」として出店、2016年からは店名を改め「YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills」として、雰囲気も料理も一新され、一層話題を呼びました。

2017年は、ヤッホーブルーイングの6種類の人気ビールである、日本を代表するクラフトビール「よなよなエール」、「水曜日のネコ」、「インドの青鬼」、「東京ブラック」、「軽井沢高原ビール シーズナル2017」、限定醸造の「ARK Hills Ale」をそれぞれ税込700円で、ドラフトで楽しむことができます。

特に、このビアガーデンのために特別に醸造されたここでしか味わえない「ARK Hills Ale 2017(アークヒルズエール)」には注目です。まず、この「ARK Hills Ale 2017」のビアスタイルは、セッションウィートIPA(インディアペールエール)。アルコール度数は4.5%と5%以下に抑えつつ、原材料には大麦麦芽・小麦麦芽・ホップのみを使用した小麦の優しい口当たりでありながら、シトラスやトロピカルフルーツを思わせる華やかなホップアロマとクリーンな「苦味」もある、暑い夏にはぴったりのさわやかさを特徴としたビールです。

フードメニューは、ローストチキンやオリジナルソーセージ3種(かぶらぎ豚、カレー、ほうれん草&レンコン)など、クラフトビールがどんどん進む「YONA YONA BEER WORKS」の看板料理がそろいます。

なお期間中は、クラフトビールを知る体験型のワークショップや、野外ならではの豪快な肉料理を提供するフェアも予定されていますので、こちらも要チェックです!

同ビアガーデンは、ディナーは6月9日(金)から9月3日(日)の平日の17:00から22:00までと土曜日、日曜日、祝日の11:00から22:00までオープン、ランチは6月12日(月)から9月1日(金)の平日の11:30から14:00までオープン、席数は160席用意される予定です。

単なるビアガーデンではなく「クラフトビール」を見て味わって体験できる特別なビアガーデンです。仕事帰りの一杯や、大人の夏の楽しみに、今からオープンが待ち遠しいですね。

【参照リリース】2017年6月9日(金)、夏季限定ビアガーデン「YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills」オープン

(My CRAFT BEER 編集部)

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。