地産地消

HUMANSBEER醸造一家コラム

カナダ人ブルワーが憧れの湯河原についに醸造所をオープン!家族で営むアットホームなHUMANS BEER

湯河原町にはじめてクラフトビール醸造所ができたのは2021年11月。福浦漁港のすぐ近くに醸造所を構えるHUMANS BEERです。HUMANS BEERは家族で営む小規模醸造所で、創業者でヘッドブルワーのGaryさんをはじめ、5人家族で運営されています。ビールを愛してやまない家族が造る個性豊かなHUMANS BEERをご紹介します。

コラム

産地直送の樽ビール!お取り寄せして感じた疑問を「ビールの縁側」開発チームに聞いてきた!

日本各地のビールを産地直送で、しかも樽で受け取れる通販プラットフォーム「ビールの縁側」。ホームパーティ、キャンプなどでクラフトビールを楽しむのにぴったりなサービスです。編集部は実際に利用して感じた疑問を、開発チームのメンバーにお聞きしてきました。「ビールの縁側」Tipsを盛り込んでレポートします!

山の上ニューイニュース

ヤッホーブルーイング、地産地消の新クラフトビール「山の上ニューイ」を長野県・山梨県のセブン-イレブンで先行発売

長野県に拠点を置くヤッホーブルーイングは12月8日、新製品となるクラフトビール「山の上ニューイ」の発表会を開催した。同商品は12月9日より長野県・山梨県のセブン-イレブンで先行発売。ペアリングのオリジナル商品も販売する。

ビールコラム

【ビールのクラファン】沼津リパブリューが自然エネルギーで醸造に挑む「地球ビール」、豪雨で知った異常気象

静岡県沼津市の人気ブルワリーRePuBrew(リパブリュー)は2022年春、ビール醸造に使う電力の大部分を太陽光発電でまかなう新工場を静岡県三島市に設立します。RePuBrewはなぜ持続可能なエネルギーを使ったビール造りに取り組むのか?ヘッドブルワーであり会社代表でもある畑翔麻さんにお聞きしました。

KORNMUTTER 豊穣のしるしニュース

サンクトガーレン、横浜市立大学で栽培の大麦使用ビール「KORNMUTTER(コルンムッター)豊穣のしるし」3000本限定で発売

サンクトガーレンは、横浜市立大学の木原生物学研究所で栽培された大麦を使用したクラフトビール「KORNMUTTER(コルンムッター)豊穣のしるし」を3000本限定で発売しました。コルンムッターはドイツ語で「麦の母」という意味で、優しい風で豊穣をもたすら女神の姿としてラベルには麦を抱いた女性像が描かれています。