ヤッホーブルーイングのよなよなエール、発売以来初のレシピリニューアル

よなよなエール リニューアル

長野県軽井沢町の株式会社ヤッホーブルーイングが、代表ブランドである「よなよなエール」のレシピを1997年の発売以来、初めてリニューアルしました。

ヤッホーブルーイング

「よなよなエール」は1997年の発売以来、「家庭でも飲める手軽な本格エールビール」をコンセプトに、クラフトビール市場をけん引する存在となっています。さらに近年のクラフトビールブームによる需要の高まりで、販売量がここ10年で10倍まで増加していたことに加え、今年が販売から20周年の節目となることから、新しい「よなよなエール」の開発に至りました。

今回のリニューアルは、「クラフトビールの王道の味わい」を目指し、これまで磨き続けてきた技術の集大成として「よなよなエール」の最大の特徴である香りをさらにブラッシュアップする、大幅なレシピのリニューアルとなりました。

まず、「よなよなエール」のアイデンティティともいえる柑橘類を思わせる香りを最大限引き出すためにアロマホップ「カスケード」が増量されました。さらにこれまで使用していたホップの品種を見直し「カスケード」をより引き立てるためのホップブレンドに変更されました。これにより、既存の「よなよなエール」の延長線上にありながら明らかにこれまでとは異なる、グレープフルーツやレモンのような柑橘のフレッシュかつ鮮やかな香りを楽しめるようになりました。また、ホップ香の余韻がゆったりと長く続くという新しい特徴も加わっています。

9月中旬より樽で先行発売し、缶ビールは350ml248円で10月中旬よりスーパーやコンビニなどの店頭で順次切り替え販売が実施されるということなので、今のうちにこれまでのよなよなエールを入手して、10月に生まれ変わったよなよなエールと飲み比べてみるのも楽しみとなりそうですね。

YONAYONA BEER WORKS

一足先に楽しみたい方は、公式通販サイト「よなよなの里」にて9月7日より、新しくなった「よなよなエール」の香りが楽しく体験できる「おうちで最大限に新よなよなエールを味わエールセット」を800セット限定で先行販売していますので、そちらから入手してみてください。また9月11日からは、よなよなエール公式ビアバルYONA YONA BEERWORKS全店(赤坂、神田、青山、吉祥寺、新宿)にて樽での販売が開始されます。

10月7日のファンイベント「よなよなエールの超宴 in 神宮外苑軟式球場」では、新「よなよなエール」の長く続く香りを疑似体験できるミニ電車「走れ!新よなよなエール号」コーナーも展開予定ですので、新「よなよなエール」の世界観と香りの変化を体感しに訪れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。










よなよなエール リニューアル