キーワード ライブ

コラム

醸造所間借りのファントムブルワリー STYLE BREW WORKS「クラフトビールは、ライフスタイルそのものだ」

STYLE BREW WORKSは、醸造所間借りのファントムブルワリー。大学の先輩後輩の2人組ユニットで、それぞれ海外のメジャーなブルワリーで修業を積んできました。「クラフトビールは、ライフスタイルそのものだ」と明言する彼らのこれまでのストーリーを聞きました。海外のブルワリーで働きたい方、ブルワーを目指す方、一読を!

グランドキリン缶キャンペーン

グランドキリンと音楽レーベルのコラボキャンペーン第2弾、10月19日から31日まで実施中!限定レコードとライブが抽選で当たる!

キリンビール株式会社のクラフトビールブランド「GRAND KIRIN」(以下、グランドキリン)が、音楽レーベルのカクバリズム、SUMMIT、Jazzy Sportとのコラボキャンペーン「クラフトビールをたのしもう 3Labels on Tap」の第2弾を10月19日(木)から10月31日(火)まで実施します。

ブルワリー

やくらいブルワリー

やくらいブルワリーは、宮城県加美町にあるブルワリーです。船形山系の天然水とドイツ伝統仕込みの製法の地ビールを醸造。併設に地ビールレストランを持ち、店内では地ビール製造所の仕込み釜を見ることができます。日本中で最も親しまれているラガービール「ピルスナー」や、南ドイツ地方で造られている白ビール「ヴァイツェン」、濃色ラガービール「デュンケル」の定番3種に、岡山大学と協力して復興ビールなどの製造もしています。

コラム

映画『シェイン』コラボビールを飲みにパブ巡り!伝説的パンクバンド、酔いどれフロントマンの音楽ドキュメンタリー

パンクバンド「ザ・ポーグズ」のフロントマン、シェインの人生を描いたドキュメンタリー映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』が公開中!公開記念キャンペーン「シェインのアイリッシュパブ巡り」には都内4店のパブが参加。コラボビールを提供する神楽坂「ザ・ロイヤルスコッツマン」と祖師ヶ谷大蔵riot beerを取材しました!

ガイアブックスコラム

なぜガイアブックスはクラフトビールの本を続けて出版したのか

東京都にある出版社・ガイアブックスは、2018年よりクラフトビールを扱う書籍を立て続けに4冊出版しました。なぜガイアブックスはクラフトビールを扱う書籍を出版したのか。編集長の田宮次徳さん、営業担当の栗原孝太さん、ガイアブックスが出版した4冊のクラフトビール関連の書籍の翻訳や監修を担当した長谷川小二郎さんにお話を伺いました。

東京八重洲コラム

クラフトビール激戦区【東京・八重洲】ハセガワ・お酒ドンキ・アンテナアメリカ、ビールショップ巡り!

東京駅「八重洲地下街」は、ビール専門店や品ぞろえのいい酒販店が集中するクラフトビール激戦区! 国内外のマイクロブルワリーから定番ビールまでそろう「リカーズハセガワ北口店」、アミューズメント性にこだわった「お酒ドンキ」、アメリカのクラフトビールに特化した「アンテナアメリカ東京店」と、3つのショップを巡ってレポートします!

【5/4-5 東京都】家庭用ビールサーバー「DREAMBEER(ドリームビア)」を飲み放題で楽しめる「P.C.M. CRAFT BEER FESTIVAL 2022」開催イベント

【5/4-5 東京都】家庭用ビールサーバー「DREAMBEER(ドリームビア)」を飲み放題で楽しめる「P.C.M. CRAFT BEER FESTIVAL 2022」開催

株式会社DREAMBEERは5月4日(水)と5月5日(木)の2日間、P.C.M Pub Cardinal Marunouchiにて、「P.C.M. CRAFT BEER FESTIVAL 2022」を開催します。家庭用本格ビールサーバー「DREAMBEER(ドリームビア)」でビールを注ぐ体験をし、ドリームビア参画ブルワリーの多種多様なクラフトビールをフリーフロースタイル(飲み放題)で楽しめる期間限定のイベントです。

ビールお知らせ

「あなたのデータ」と廃棄食材で造る新感覚クラフトビール、開発プロジェクト参加者募集!AJB×530×情報銀行サービスDprime

情報銀行サービス「Dprime」は、個人と企業が社会課題解決に資する商品を共創するプロジェクト「Dprime Lab」を開始。第1弾は「あなたのデータと廃棄予定作物で創る新感覚クラフトビール」開発プロジェクトです。長野のAJBが廃棄食材を使いユーザーのデータをもとに味を調整したビール「WASTE 2 BEER」を醸造!

コラム

クラフトのノンアル!ノンアルコール・低アルコールの機能性クラフトビール6選

国内の大手酒類メーカーから“機能性”アルコール飲料が数多く販売されていますが、クラフトビール界でも、飲み手の多様なニーズに応えるビールがリリースされているのを知っていますか? 今回はさまざまな場面でビールを楽しむ可能性を広げる、ノンアルコール・低アルコールのクラフトビールをご紹介します!