My CRAFT BEER初主催イベント「TOKYO BREWER’S STORY」レポート

tokyo-brewer's-story

My CRAFT BEERは2月18日(日)、4つのブルワリーを招いた初イベント「TOKYO BREWER’S STORY」を大手町のTRAVEL HUB MIXで開催しました!今回は、My CRAFT BEER編集部より当日の様子をお届けします。

記念すべき第1回目のゲストは、東京を代表するブルワリー「カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリー」「デビルクラフト(DevilCraft Brewery)」「十条すいけんブルワリー」「Y.Y.G Brewery & Beer Kitchen」でした。

会場はナチュラルな風合いの木製の家具や本棚が並び、大きな窓から差しこむ日光が心地よい空間です。中央に並ぶ参加者用のイスの両脇には、4ブルワリーのビール提供ブースが設けられています。

tokyo-brewer's-story-6

14時からは第一幕として、それぞれのブルワリー代表者に登壇いただき、店舗紹介や提供しているビール、ビールを作り始めたきっかけなど、それぞれのクラフトビールにまつわるエピソードをお話しいただきました。同時に各ブルワリーのクラフトビールがふるまわれ、参加者の方々は話しを聞きながらじっくりと飲み比べを愉しみました。

カンピオンエール

カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリー

デビルクラフト

デビルクラフト(DevilCraft Brewery)

十条すいけんブルワリー

十条すいけんブルワリー

Y.Y.G Brewery & Beer Kitchen

ビールへのこだわりや歴史などをお話しいただくなかで「美味しいビールだけを提供したいという気持ちから、美味しくないものは勿体ないけど捨てることもある」というブルワリーもあり、高いクオリティを目指すブルワリーのプロ意識を垣間見ることができました。

第二幕は4ブルワリーによるパネルディスカッションです。「自分で作るビールは味の判断が難しい」との発言でうなずき合うなど、ブルワリーならではの苦労も感じとることができました。参加者からの質疑応答では、東京でブルワリーを始めた理由や、お店で提供している定番ビール、飲むべきビール、そしてプライベートで飲むお酒についてなど、質問が飛び交いました。

tokyo-brewer's-story-5

なかでも「大手メーカーがクラフトビールを作ることに危機感を感じる?」との質問には、「クラフトビールのシェア率でいうと、アメリカの(ビール全体売上の)20%に対して日本はまだまだ。日本でクラフトビールの認知度が高まり、追い風になれば良い」という答えを聞く場面もありました。

そして、今回のイベントで提供された各ブルワリーが誇るビールは、カンピオンエールの「ビター」、デビルクラフトの「ジューシーIPA」、十条すいけんブルワリーの「赤い彗星」と「チョークスリーパー 梅エール」、Y.Y.G Breweryの「朝、ガンジスの岸辺で」と「八方美人の彼女は優しい嘘をつく」の全6種でした。

試飲レビュー

tokyo-brewer's-story-7

左から「赤い彗星」「梅エール」「朝、ガンジスの岸辺で」「八方美人の彼女は優しい嘘をつく」「ビター」「ジューシーIPA」

※下記、ABV(Alcohol by volume)はアルコール度数、IBU(International Bitterness Units)は国際苦味単位を表しています。

カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリー

  • ビター
  • ABV4.4%、IBU25

イギリス人オーナーが西浅草にオープンしたブルワリー併設パブ「カンピオンエール」で提供している「ビター」。イギリスの伝統的なエールスタイルで製造されています。苦味が強く、ビール玄人が求めるベーシックな味わいです。

デビルクラフト(DevilCraft Brewery)

  • ジューシーIPA
  • ABV7.0%くらい、IBU苦め

アメリカでビールを自家醸造していた3人が日本で開店した「デビルクラフト」、現在は神田、浜松町、五反田の3店舗で展開しています。そこで提供している「ジューシーIPA」は、透きとおる黄金色に柑橘系のさっぱりとした飲み口、何杯でもすいすい入っていきそうです。

十条すいけんブルワリー

  • 赤い彗星
  • (ピンクペッパースパイスエール)
  • ABV7.9%

JR埼京線の十条駅にほど近い醸造所併設のブルーパブ「beer++(ビアプラスプラス)」では、スパイス、ハーブ、フルーツなど季節にちなんださまざまなビールを提供しています。「赤い彗星」はワインやリキュールのような甘さがあり、赤みがかった色が特徴です。

  • チョークスリーパー 梅エール
  • (ジャパニーズプラムサワーエール)
  • ABV4.3%

同じくbeer++で提供している「梅エール」は、爽やかな梅の香りが鼻に抜けます。苦味が苦手な女性でも飲みやすい軽やかな口あたりです。

Y.Y.G Brewery

  • 朝、ガンジスの岸辺で
  • (チャイエール)
  • ABV5.7%、IBU24

代々木で営業中の醸造所併設のバー「Y.Y.G Brewery & Beer Kitchen」では、毎週さまざまなレシピを考案し、常時約5種類のオリジナルビールを提供しています。「朝、ガンジスの岸辺で」は、チャイのスパイスとほのかな紅茶の香りが広がり、外国を旅したような気分を味わえました。

  • 八方美人の彼女は優しい嘘をつく
  • (ミルクスタウト)
  • ABV6.5%、IBU21

同じくY.Y.G Brewery & Beer Kitchenで提供している「八方美人の彼女は優しい嘘をつく」。濃い色合いと苦味が特徴で、燻製のような香り。詩的な名前と重めの口あたりとのギャップに、飲み手の想像力が試されます。

会場の様子

トーク後のフリータイムで会場は一気ににぎわい、ブルワリーと各ブースに集まった参加者の方々が会話を楽しんでいました。第一幕で6杯のビールを試飲していた皆さんも、お気に入りのビールを何杯もおかわりして、売り切れになるビールもあるほど盛況でした。

tokyo-brewer's-story-8 tokyo-brewer's-story-9

お店に行かないと買えない、各ブルワリーオリジナルグッズの手ぬぐいやTシャツも販売していました。

取材後記

My CRAFT BEER主催の初イベント「TOKYO BREWER’S STORY」は、普段はなかなか聞くことのできない「作り手」の話しが聞けると同時に、「作り手」と「飲み手」が交流できる貴重な場となりました。登壇中のトークでは、参加者の皆さんは真剣な面持ちでブルワリーの話しに耳をかたむけ、原材料や製造方法、こだわりを聞きながら、光に透かしたり香ったりしながら、じっくりとビールを味わっていました。フリータイムにはどのブースにも人だかりができ、クラフトビールを中心とした人と人とのつながりが方々で見受けられました。美味しいクラフトビールが誕生する舞台裏では、それぞれのブルワリーの熱い想いがこめられています。実際に提供されたビールを味わってみると似たものは1つもなく、あらためてクラフトビールの奥深さに驚きました。今回、来場した多くの方がクラフトビールの魅力を再発見できる特別な日となったことを感じさせるイベントでした。

参加ブルワリー

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。






tokyo-brewer's-story