ビールもデザインもパンキッシュ!【祖師ヶ谷大蔵】RIOT BEER、クラフトビールで“場づくり”を

riot店内

RIOT BEER(ライオットビール)は、東京都世田谷区祖師谷エリアにあるブルワリー。パンクロック好きのオーナーが手掛けるビールは、タイトルもデザインもパンキッシュ。欧州系のトラディショナルなビールから最新スタイルまで、丁寧に仕込まれたビールが支持されています。RIOT BEERのタップルームを訪れて、これまでのストーリーとこの先のビジョンをお聞きしました!

パンキッシュなブルワリー!祖師ヶ谷大蔵RIOT BEER

小田急線祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩6、7分、RIOT BEERのタップルームは荒玉水道道路沿いの五差路の一画、世田谷の住宅街にあります。

外観
RIOT BEERのタップルーム。店の奥に醸造所がある

“riot”とは英語で暴動のこと。イングランドのパンクバンド、ザ・クラッシュの楽曲名「White Riot」から付けたのだそう。共同オーナーの1人・上地風吾さんはパンク好きで、RIOT BEERのビールのタイトルやパッケージなどのアートワークはどれもパンキッシュです。

riot beer店内
RIOT BEERオーナー上地風吾さん(右)、タップルームスタッフの榎本さん(左)

上地さんはアメリカ北西部ワシントン州で過ごした学生時代にクラフトビールに出会い、ブルワリーの仕事に強い魅力を感じました。「アメリカの人は、やることが見つかったら学校なんか辞めちゃって起業していく。いつか自分もやりたいなと思っていました」(上地さん)

ビールを醸造したいという気持ちを抱きつつも、日本に帰国して進んだのは全く別の道。ビールとは違う職域で独立・起業し多忙を極めていた頃、日本でも徐々にクラフトビール界が盛り上がってきているのを目の当たりに。「まあ、本業が忙しくて。それどころじゃなかったんですが……今やらないと、もうやれないなって」(上地さん)

上地さんはビール醸造のセミナーに通い始め、そこで出会った仲間と3人でRIOT BEERを立ち上げました。醸造をスタートさせたのは2018年のこと。

riotbeer店内
RIOT BEERは、漢字表記にするなら「暴動麦酒」!

モルトの風味を大切に、丁寧に造るトラディショナルなビール

RIOT BEERのタップルームでは10種類のビールを提供しています。イングリッシュやベルジャン等、欧州由来のクラシカルなスタイルのビールや、アメリカのウェストコーストIPA、ヘイジーIPAもオンタップ。

ビール
RIOT BEER「Andrew」(Schoch Ale)
(2022年6月取材時のラインナップから)
ボトルビール
タップルームではボトルビールの販売も

取材時にオーダーしたのは「Andrew」。キャラメルのような香りとモルト感あふれるスコッチエールです。ネーミングはサッカーのスコットランド代表キャプテン、アンドリュー・ロバートソンの名に由来。

「どちらかといえばイングリッシュ、スコッチ、アイリッシュなどのトラディショナルなスタイルを造るのが好きです。でも僕がクラフトビールに出会ったのはアメリカですし、アメリカのビアスタイルももちろんすごく好きですよ」(上地さん)

定番銘柄が決まっているわけではありませんが、取材時にタップリストにあった「Stray Cats」(Porter)、「Lexicon Devil」(Hazy IPA)、「Riot Pale Ale」(Pale Ale)などは、少しずつレシピを変えながらバッチを重ねてきたビールです。

麦芽粕を活かしたおつまみが美味!

タップルームに行ったら、ぜひおつまみもオーダーしましょう。醸造過程で出た麦芽粕や、タップから注ぐ際に出るビールのロス等を使って調理したオリジナルメニューがそろいます。

店内
「ビールと麦芽のビアクラッカー」。マストでオーダーしたい1品
おつまみ
ビールと麦芽粕が生地に練り込まれた「Beer Pizza」。トッピングはその時々で変更あり。写真は「トマトソース」

「ビアクラッカー」は、食感が軽くてサックサク。ビールと麦芽粕を生地に練り込んだ手作りピザ「Beer Pizza」は、もっちり・しっかりした生地で、食べ応えがあります。

アパレルや雑貨もチェックして!店舗スタッフが手掛けるブランド

実は、おつまみの調理を担当しているのはタップルームのスタッフのご家族。RIOT BEERのタップルームスタッフはビールをサーブすること以外にも、それぞれの得意分野で活動しています。

雑貨
麦芽袋を使ったバッグ。プリントの位置を調整して裁断・縫製されていてかわいいデザイン。しっかりした生地で、防水性もある
riot店内
スタッフの小南さんが運営しているデザインブランド「トーキョーハードコアビアクルー」のアパレル商品。タップルームの一画で販売中

例えば、店内で販売している麦芽袋を利用したバッグもスタッフの手作り。上地さん同様パンク好きなスタッフ・小南さんは、デザインブランド「トーキョーハードコアビアクルー」を立ち上げ、アパレルや雑貨を販売しています。RIOT BEERのタップルームでも買えるほか、オンラインショップも展開。

榎本さん(左)、宮河さん(右)が着ているのは「トーキョーハードコアビアクルー」のシャツ。宮河さんはブランド広告写真のモデルも務めている

クラフトビールで“場づくり”を

上地さんがこれからやっていきたいのは、ビールを軸にした“場づくり”。

「ビールって、人を集めるのにばっちりなツールなんです。これからはそのツールを使って、居場所作りをどんどんやっていきたいなと」(上地さん)

上地さんはケアマネージャーの資格保有者で、もとは訪問介護・看護の会社を運営していました。ブルワリーをスタートさせてから仕事を整理しつつありましたが、今は逆に、ビールと福祉を結びつけていくことを考えています。

店内
店内に貼られた「朝ラン」のポスター(左下)。約1時間のゆっくりなジョギング後にタップルームでビールを飲むイベントで、地域交流、場づくりの一環でスタートした企画

「ビールをやってみると、本当にお互い様じゃないと成りたたないっていう、当たり前のことにダイレクトに気づくんです。商いってお互いの得意不得意をやり取りするわけじゃないですか。ビールはお互い様を広げやすい」(上地さん)

1つの案としては麦芽粕のアップサイクルを事業化し、多様な人材に雇用を広げることを模索中。「絶対につながらない点と点が交わるようことをやっていけたら」と上地さん。ブルワリーや各スタッフ、上地さんの新たな展開は要チェック。インスタグラムなどSNSではタップルームの営業状況やRIOT BEERのビールが飲める全国のお店も随時告知されるので、ぜひのぞいてみましょう!

【関連サイト】
RIOT BEER

RIOT BEER インスタグラム

トーキョーハードコアビアクルー インスタグラム

【関連ページ】
映画『シェイン』コラボビールを飲みにパブ巡り!伝説的パンクバンド、酔いどれフロントマンの音楽ドキュメンタリー

コーヒー×ビール!フェアトレードコーヒーを使った芳醇なビールを求めて醸造所をハシゴ!

The following two tabs change content below.
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。
InstagramTwitter