スプリングバレーブルワリー「FIRST CROSSING」を数量限定で全国発売、東京4周年記念で

スプリングバレーブルワリー「FIRST CROSSING」

スプリングバレーブルワリー株式会社は4月25日より、スプリングバレーブルワリー東京開業を記念した初の店舗限定ビールである「FIRST CROSSING」を、キリン公式オンラインショップの「DRINX」をはじめ、スプリングバレーブルワリー横浜、京都、BEER TO GOの各店舗において数量限定で発売します。

「FIRST CROSSING」は、現在スプリングバレーブルワリー東京で販売中です。今回、スプリングバレーブルワリー東京開業4年目の節目を記念して、全国での販売が決まりました。

商品名の由来は代官山を象徴するスポットだった「渋谷一号踏切」から。スプリングバレーブルワリー東京はこの跡地に開業しており、今回の商品名の決定に際しては、創業時の原点である、ものづくりへの情熱、伝統と革新を絶え間なく続けていく想いを込めたとのこと。

スプリングバレーブルワリー「FIRST CROSSING」瓶

ブリュワーはSVB東京の小山貴洋氏。キリンビールが積み重ねてきた試験醸造の10,000回目に生まれたビールを、革新的なものづくりで進化させ、伝統と革新が交錯するアンバーエールに仕上げています。深いモルトの味わいと芳醇な香り、ホップ由来の柑橘のような香りがする爽やかでやわらかい甘味が調和した飲みやすい一品となっています。原材料は麦芽、ホップ、糖類(乳糖)、アルコール度数は5.0%です。

スプリングバレーブルワリー東京、横浜、京都では、360mlのレギュラーサイズが1杯880円(税込)、BEER TO GOでは250mlのレギュラーサイズが1杯700円(税込)、キリン公式オンラインショップ「DRINX」では330ml瓶の6本セットが2,332円(税込)で販売されます。

【ウェブサイト】キリン公式オンラインショップ「DRINX」

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






スプリングバレーブルワリー「FIRST CROSSING」