[PR] 西陣麦酒がクラウドファンディング開始!京町家を再生したクラフトビール醸造所と障がい福祉施設の併設目指す

キーワード 青森

大多喜麦酒コラム

房総半島の田園で生まれる、里山の地下水で仕込む「大多喜麦酒」のクラフトビール

2022年4月にオープンした小さなブルワリー「大多喜麦酒(おおたきばくしゅ)」は、房総半島の真ん中、山側に位置する千葉県夷隅郡大多喜町に誕生しました。社長であり醸造長の宮崎繁(みやざき しげる)さんは埼玉県の出身で、もともと東京のアパレル会社のデザイナーでした。大多喜町には縁もゆかりもなかったという宮崎さんに、ブルワリーを開業したきっかけやビールづくりに挑戦する想いを伺いました。

イベント

秋田地ビール三大祭り「クラフトビアフェスティバル in AKITA 2017」8月26日から27日開催

全国のクラフトビールが勢ぞろいする「クラフトビアフェスティバル in AKITA 2017」が、秋田駅西口大屋根下とアゴラ広場で8月26日から27日まで開催されます。クラフトビアフェスティバル in AKITAは、6月の「東北地ビールフェスティバル in 秋田」、10月の「秋田オクトーバーフェスト」と並ぶ、秋田地ビール三大祭りの一つとして毎年8月に開催されています。

ブルワリー

Be Easy Brewing

Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)は、 青森県弘前市に2016年11月にオープンしたブルワリーです。 建物の1階にはBe Easy Brewingの醸造所があり、2階は併設のタップルーム「ギャレスのアジト」になっています。自社醸造のビール、日本各地のクラフトビール、また海外のクラフトビールを含む8種類を常備しています。自家製ビールは、津軽弁を名前に冠したユニークなネーミングのペールエールやウィートエール、IPAなどさまざまなStyleのビールを展開しています。