【PR】【2/28 飲食店・事業者向け】「英語が苦手でも大丈夫!最速でインバウンド対応店舗にする方法」無料オンラインセミナー開催

【喜多方】ラーメン屋店内になぜボトルショップが?ビール通販BUBBLESの中の人に聞く開業秘話・推しビール

通販サイトでクラフトビールを購入したこと、ありますか? サイトは数々ありますが、せっかく造り手のこだわりが詰まったクラフトビールを買うなら通販サイト選びにもこだわりたくなりますよね。そこで「My CRAFT BEER」編集部はクラフトビール専門通販サイトを運営する「中の人」に取材。どんな店主がどんな思いでビールを販売しているのか、深堀りしてレポートします!

今回お話をお聞きしたのは、「BEER BASE BUBBLES」の新明孝宏さんです。福島県喜多方市で営業する実店舗は、喜多方ラーメンのお店の中にありました!

ラーメン屋さん店内で絶賛営業中!ビール通販「BEER BASE BUBBLES」

福島県会津地方北部にある喜多方市は、ツルツルモチモチの縮れ麺が特徴の喜多方ラーメンと、古くから残る蔵の景観で知られたエリア。観光客も多く訪れるこの地に、蔵の中で喜多方ラーメンが食べられるお店があるそう。「喜多方老麺蔵 壱席参頂」と書かれた暖簾をくぐると、そこには、クラフトビールがぎっしりディスプレイされた冷蔵ショーケースが……。

外観
蔵の中で喜多方ラーメンが食べられる「壱席参頂」。「壱席参頂」の名は、蔵、ラーメン、お酒の3つが楽しめるという意味が込められている
写真提供:BEER BASE BUBBLES
内観
お店に入ってまず目に入るのは、クラフトビールが並ぶ冷蔵ショーケース
写真提供:BEER BASE BUBBLES

喜多方ラーメン店「壱席参頂」の店内では、店舗内店舗のようなスタイルでクラフトビールのボトルショップ「KITAKATA BEER BASE BUBBLES」が営業中。「BEER BASE BUBBLES」は、このショップの通販部門です。

なぜラーメン店の中にクラフトビールのショップがあるのか。ラーメン店、ボトルショップ、通販サイトを運営している、新明孝宏さんにお話をうかがいました。

キャプチャ
ラーメン店「壱席参頂」、ボトルショップ「KITAKATA BEER BASE BUBBLES」、通販サイト「BEER BASE BUBBLES」、その他にも喜多方で飲食店を運営する株式会社UTAGE屋代表取締役社長・新明孝宏さん。オンラインでお話を聞いた

喜多方出身の新明さんは、もともと地元で数件の飲食店を経営していましたが、ある時、市内の蔵の店舗に空きが出たから何かやらないか、と声がかかりました。調理の経験も積んでいる新明さんは「そもそもラーメンが大好き。自分がラーメンを作ったらどういう味になるのか、ひとつやってみようかなって」(新明さん)と、2016年に蔵で喜多方ラーメンが食べられるお店「壱席参頂」(いっせきさんちょう)を開業しました。

ラーメン
「壱席参頂」の醬油らーめん。喜多方ラーメンの特徴である縮れ麺と、化学調味料を使わないスープが評判
写真提供:BEER BASE BUBBLES

オープン当初、「壱席参頂」ではラーメンと合わせておもに地元会津の日本酒を提供していました。一方で新明さんはプライべートで焼酎にハマり、日本酒の熱燗にハマり、ナチュールワインにハマり、とさまざまなお酒のジャンルを渡り歩き、お店の開業から1、2年後にはクラフトビールを飲むようになっていました。

「クラフトビールは、その当時からどんどん種類が増えていきました。飲んでも飲んでもまだまだいろんなものが出てくるという楽しさがあるからドハマりしたんじゃないかなと思います」(新明さん)

ビールのPOP
STONE BREWINGの「Tropic of Thunder Lager」は、「壱席参頂」ではじめて出したクラフトビール

そのうち、お店でもクラフトビールを出すように。「壱席参頂」ではじめて出したクラフトビールは、STONE BREWINGの「Tropic of Thunder Lager」。それからお客様と一緒になって、いろんなビール飲んでみようと多種多様なビールを仕入れるようになりました。ラーメン店の店舗の中で、冷蔵ケースがじわじわと増殖。お客様の輪も広がり、定例会形式でクラフトビールだけを飲みに来るグループもできるほど。

「いろいろなビールを仕入れるには消費がともなわないとダメじゃないですか。そこで、販路を広げるために酒販店っていうスタイルにするのもありだよなと、そのころから考えてはいました」(新明さん)

アパレル
ビールの泡のように、クラフトビール文化がどんどん広がって欲しいと、店名にBUBBLESというワードを使用。オリジナルTシャツのデザインは、泡のイメージを表現

実際に小売りに乗り出すことになったきっかけはコロナ禍でした。2020年3月から店内飲食の営業を自粛したため、会社の収入の足しになることを始めなければいけないと、通販を含めた酒販免許を申請。2020年6月、喜多方ラーメン屋さんの中のボトルショップ「KITAKATA BEER BASE BUBBLES」を開業し、2020年10月ころには通販サイト「BEER BASE BUBBLES」(以下「BUBBLES」)が本格始動しました。

家飲みのお客様は順調に増え、クラフトビールの冷蔵ショーケースはさらに増えていき、今は店の半分がボトルショップのスペースになっています。

自分が飲みたい・みんなが飲みたい・応援したいビールをラインナップ

「BUBBLES」の品ぞろえは、まず新明さんが「自分が飲みたい」と思うビールと、これは飲みたいでしょ、これは飲んでおかなきゃという「みんなが飲みたい」ビールをラインナップしています。

キャプチャ
「BUBBLES」のサイト。「苦味が強め」「フルーティー&トロピカル」など、味わいによるカテゴリーもあり、好みのビールを見つけやすい

「開業当初はそんなに仕入れていなかったんですが最近は国内産も扱っています。国内のブルワリーの技術革新はすごいので、目が離せませんね。Uchu Brewing、West Coast Brewing、Black Tide Brewingは人気です。国産のビールはできる限りブルワリーを訪問して、お話して、それから仕入れたいと思っています」(新明さん)

新明さんは最低限、「BUBBLES」を利用したお客様に“飲んでよかったな”と思ってもらえるようなビールを厳選しているそう。地元・福島県のブルワリーを応援したい、という気持ちも強く、福島市の注目ブルワリーYellow Beer Worksの商品も取り扱っています。

なるべく早くお届け、通販ショップの特色

通販サイトのサービスの特色としては、なるべく早く発送すること。

「14時までの注文で、予約販売ではなく、在庫のあるものは(発送休業日を除き)、即日発送します。喜多方から発送して、関東かもうちょっと先までは翌日にとどきます。ビールを飲みたい時って、すぐに飲みたいじゃないですか。今日の今日とはいかないにしても、なるべく早くお届けしたいんです」

荷物
「BUBBLES」から届いた荷物
荷物
1本1本ビニール袋にくるまれたビールが、仕切りのついた段ボールで梱包されていた

通販サイトを選ぶときには、支払方法や配送会社のチェックも大事。「BUBBLES」の概要は次の通り。詳しくは記事の最後にリンクする「BUBBLES」のサイトを覗いてみてください。

「BEER BASE BUBBLES」配送・支払等概要
配送:クール便(ヤマト便)
発送:指定日無しの場合、午後2時までの注文で即日発送。(入荷予定の商品・在庫のない商品を除く。発送休業日を除く)
支払い方法:クレジットカード決済、代金引換
会員登録:登録しなくてもオーダー可。会員には購入金額に応じてポイントを付与。

「BUBBLES」店主の推しブルワリー3選!

では「BUBBLES」売れ筋ブルワリーや、新明さんの推しブルワリーをご紹介いただきましょう。取材当時「BUBBLES」に在庫があったビールの中から3ブルワリーをピックアップしていただきました!

ビール
「BUBBLES」の売れ筋や、新明さんの推しブルワリーをピックアップ
写真提供:BEER BASE BUBBLES

地元福島発!農家が醸造するブルワリーYellow Beer Works

「BUBBLES」で人気、かつ新明さんが「応援したい!」と推すブルワリーは、先述したYellow Beer Works(イエロービアーワークス、以下YBW)。福島県福島市で農業を営むカトウファームが経営する醸造所です。大麦、ホップ、米、野菜などを自家栽培し、ビールの原材料の一部として使用しています。現在は醸造量があまり多くないこともあり、入荷するとすぐに売り切れてしまう商品。

ビール
YBWのビール3種。左から「Raining パンダと僕のsession IPA」、「どヘイジーPunks」、「Ya!ヴァイツェン」
写真提供:BEER BASE BUBBLES
ビール
「どヘイジーPunks」はスーっと飲めるNEIPA。「Ya!ヴァイツェン」は西洋ナシをふんだんに使ったYBW初のヴァイツェン

「YBWさんは、まずジャケットがかわいいですよね! 『Ya!ヴァイツェン』は、ブルワリーの近所の農家さん・あべき邸さんが育てた洋ナシが入っています。ヘイジーは甘いものも多いじゃないですか。『どヘイジーパンクス』は全然甘さを許さないっていうか、ヘイジーなんだけど甘くない、PUNKしてる、みたいな感じです。毎日飲めますね。『Raining パンダと僕のsession IPA』はセッションなのでスイスイ飲めるけど、飲み応えがないわけじゃない。不思議な感覚です。この3種のビールはどれもアルコール度数5%なんですけれど、飲んでみると、もうちょっと度数があるんじゃないかなっていう感じですね」(新明さん)

「BUBBLES」の売れ筋!FREMONT

アメリカ・ワシントン州シアトルで2009年に創業した家族経営のブルワリーFREMONT(フレモント)の「LUSH IPA」は、「BUBBLES」で売り上げナンバー1のビール。FREMONTはできる限りオーガニックな地元の食材を使い、ビールを醸造しています。

ビール
FREMONTのビール。左から「GOLDEN PILSNER」、「LUSH IPA」
写真提供:BEER BASE BUBBLES
ビール
「LUSH IPA」はFREMONTの新しい定番IPA。ルプリンパウダー由来のホップ感があり、香り高くアルコール度数も高めの1本

「うちの売れ筋といえば、FREMONT『LUSH IPA』。柑橘の香りのなかにちょっと白ブドウのような香りがあって。苦味とボディのバランスがいいですね。ただ苦いだけじゃなくてしっかりボディがあるから、苦味も香りも引き立つというか。香りがきて、ボディがきて、苦味が来てキレていく……その一連の流れがまとまっているなと思います。オンラインでも売れていますけれど、店舗で爆発的に売れています。1杯目に何飲む? となった時に、これを選ぶお客さんが多いですね。『GOLDEN PILSNER』は、普通の(量産品の)ピルスナーとは全然違って、柑橘の香りが強く、ほのかに酸味があるので食べ物に合わせやすいです。とり天や唐揚げと合いますね」(新明さん)

クセがあるのがチャームポイント、BURLEY OAK BREWING

「BUBBLES」で売れ筋のブルワリーとして新明さんがもう1つ挙げてくれたのが、BURLEY OAK BREWING(バーリーオークブリューイング)。BURLEY OAKはアメリカ・メリーランド州ベルリンを拠点とするマイクロブルワリーで、2011年創業。ヘイジーIPAやフルーツをふんだんに使ったドロドロ系のサワービール「J.R.E.A.M.」(Juice Rules Everything Around Me) のシリーズなどが人気です。

ビール
Burley Oak の3本。左から「Pink Guava Passionfruit Coconut J.R.E.A.M.」、「Forklift Slippers」、「Snailiens」
写真提供:BEER BASE BUBBLES
ビール
「Forklift Slippers」はヘイジ―ダブルIPA。飲んだ瞬間ジューシーなフレーバーが口いっぱいに広がる、苦味もしっかり感じられるヘイジー

「BURLEY OAKは大御所ですね。『Forklift Slippers』は名前が面白いですよね。クラフトビールの自由さがジャケットに出ているというか、(パッケージは)フォークリフトがスリッパを履いてる。アルコール度数は8.2%なんですけれど、飲んだ感じ、アルコールは隠蔽されてますね。ヘイジーは飲みやすくて、隠蔽系が多いです。『J.R.E.A.M.』はちょっとキワモノですけど、ドロドロ、ブクブク系。BURLEY OAKのビールは全体的にどこかクセがあるんです。それが嫌なクセじゃなくて、チャームポイントになっています。アクセントがあるんです。飲むと必ず、なんかちょっと、ん? っていう香りが入っていたりするんですけれど、それが嫌な感じじゃないんですよね。毎回毎回飲むたびに、今回はどういうクセがあるんだろうって思いながら、楽しみにして飲んでいます」(新明さん)

新明さんのおすすめペアリング

ビールに合わせるフードについても、新明さんに提案していただきました。

ヘイジーIPA×クリームチーズ

今回新明さんが推しビールとして紹介してくれたBurley Oak「Forklift Slippers」に合うのは、秋田県の名物いぶりがっことクリームチーズを合わせた「がっこチーズ」。新明さんか経営する「壱席参頂」の系列店でも出している一品です。

ペアリング
「がっこチーズ」×BURLEY OAK BREWING「Forklift Slippers」
写真提供:BEER BASE BUBBLES

大根を燻製・乾燥させたお漬物・いぶりがっこのスモーキーさとクリームチーズの濃厚さがビールにマッチし、やや甘味を感じるようなダブルIPAやトリプルIPA、少し重たさやアルコール感を強く感じるようなビールにも合うそう。

スタウト、ポーター×イチゴのショートケーキ

もう1つ、新明さんのおすすめペアリングは濃厚スタウトとスイーツの組み合わせ。Left Hand Brewing の「Milk Stout Nitro」を例にして提案してくれました。

ビール
Left Hand Brewing 「Milk Stout Nitro」。定番商品「Milk Stout」に窒素ガスを充填したバージョン。泡がクリーミーで口当たりがまろやか。コーヒーやチョコレートような風味
ペアリング
Left Hand Brewing「Milk Stout Nitro」×イチゴのショートケーキ

「昔、キリンビールの『一番搾りスタウト』というビールがあって、私は一時期そればかり飲んでいました。ただ、IPAが好きな人はこういうビールは飲まないかもしれませんね。スタウトやポーターを飲むのはどんなシーンかなと考えると、例えば誰かの誕生日だとして、クラフトビールを持ち寄って飲んで、じゃあバースデーケーキを食べようとなった時に、IPAだとちょっと合わないかなと。そういう時に良いのがスタウト。『Milk Stout Nitro』以外でも、ポーターやスタウトなら合います。ケーキが登場した時は、僕はいつもスタウトかポーターです。コーヒー替わりじゃないですけれど、スイーツとの相性はバッチリですよね。生クリームを使ったロールケーキとか、ベリー系の感じもスタウトと合うのでイチゴのショートケーキがいいですね」(新明さん)

蔵とラーメンとクラフトビール、喜多方に旅したらぜひ立ち寄って!

ビールの通販サイト「BEER BASE BUBBLES」は、2020年のオープン以来ずっと好調に稼働していますが、ボトルショップの実店舗「KITAKATA BEER BASE BUBBLES」や、喜多方ラーメンのお店「壱席参頂」は、新型コロナウイルス感染予防のための時短要請や営業自粛によって、この2年間、営業できなかった期間もありました。

まん延防止等重点措置が全国的に解除になった今(2022年3月下旬現在)、クラフトビールの通販を利用して家飲みを楽しみつつ、お出掛け先でもビールを飲みたいですね。

外観
実店舗「KITAKATA BEER BASE BUBBLES」
写真提供:BEER BASE BUBBLES

「喜多方は朝からラーメン食べるんですよ。クラフトビールが好きな人が喜多方に遊びに来た時には、うちの店でビールを飲んで、喜多方で泊まってもらって、翌朝『朝ラー』を食べて帰っていただければと。喜多方は観光都市ですから、この店が観光の循環のなかの1つになって、地元の観光を盛り上げていけたらいいなと考えています」(新明さん)

福島に旅をされた際には喜多方ラーメンのお店「壱席参頂」と、その中にあるボトルショップ「KITAKATA BEER BASE BUBBLES」に立ち寄ってみては? 実は先々、ボトルショップは別の店舗に移転する予定があるそう。通販の利用もおすすめですが、機会があれば、蔵とラーメンとクラフトビールが楽しめるレアなお店が無くなってしまう前にぜひ来店してみてください!

【関連サイト】
「BEER BASE BUBBLES」
「BEER BASE BUBBLES」店主公式ツイッター

【関連ページ】
ビール通販サイト「一期一会~る」の中の人に聞く!謎の店名の由来は?ビール好き過ぎ店主の推し3種
【阿佐ヶ谷】モルトのお酒専門通販「モルスト」の中の人に聞く!グルテンフリーもジャケ買いも◎人気ブルワリー3選

The following two tabs change content below.
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。
InstagramTwitter

よなよなの里