【2022年】ゴールデンウィークにおすすめのクラフトビール4選

ゴールデンウィークが迫ってきました。日本各地で屋外のビールイベントが開催されるようになり、2022年はビールへの注目がより一層高まっています。今回は、家族や仲間で楽しめる大容量ビールやおしゃれな気分が味わえる樽熟成、フードロスをなくすサステナブルな取り組みから生まれたビールなど、ゴールデンウィークだからこそ楽しみたいクラフトビールをピックアップしてご紹介します。

仲間と飲みたい大瓶ビール【山伏 壱 Saison one】

山伏 saison one

引用元:玉村本店公式WEBサイト

志賀高原ビールの「山伏 壱 Saison one」は山伏シリーズの定番商品です。長野県で自家栽培しているホップ「信州早生」や酒米「美山錦」を使用した瓶内二次発酵ビールで、リンゴやナシのようなフルーティーな香りが口の中に広がります。セゾンビールの酸味と苦み、日本酒の香りが後をひく和テイストのビールです。

山伏シリーズ

山伏ギフトセット

引用元:玉村本店公式WEBサイト

山伏シリーズは志賀高原ビールのほかのクラフトビールとはまったく異なるタイプのビールで、ワインとシャンパンに似ています。「山伏」はベルギービールにインスパイアされつつ、日本のオリジナリティーを追求するプロジェクトです。「最高の食中酒を目指す」をポリシーにした玉村本店のビールは、大勢で集まるお食事パーティーにぴったり。山伏シリーズは大瓶使用になっているので、グループで楽しむ際の最高のパートナーです。

志賀高原ビール

志賀高原ビール

引用元:玉村本店公式WEBサイト

志賀高原ビールは創業200年以上の老舗酒蔵・玉村本店のクラフトビールブランドで、2004年に長野県で誕生しました。志賀高原のおいしい水を使用し「この地だからこそできる味」「自分たちが飲みたいビール」をコンセプトにビールづくりを行っています。志賀高原ビールは全国のクラフトビール好きから絶大な人気を誇り、玉村本店直営のTHE FARMHOUSE by TAMAMURA HONTENは「クラフトビール好きの聖地」とも呼ばれています。

山伏 壱 Saison one

製造者:株式会社玉村本店
生産地域:長野県
ABV:6.5%
内容量:750ml
スタイル:セゾン

【参照ページ】山伏 壱 saison one 750ml |玉村本店公式WEBサイト
【参照ページ】志賀高原ビール

アルコール度数11%以上!【Simtra Triple IPA】

SimtraIPA

引用元:KneeDeepBrewing公式WEBサイト

Simtra Triple IPA(シムトラトリプルIPA)はホップに、シムコーとシトラホップを使用し、ホップ由来のフルーティーな香りと苦みをダイレクトに感じられます。Simtra Triple IPAはアルコール度数11%以上のハイアルコールで、苦みを示すIBUが131の超ストロングビールですが、松や土のような自然なアロマとフルーティーさが飲みやすい仕上がりになっています。ゴールデンウィークだからこそ味わいたくなる魅力がある一品です。

Knee Deep Brewing

KneeDeepBrewingロゴ

引用元:KneeDeepBrewing公式WEBサイト

Knee Deep Brewing(ニーディープ)はアメリカ・カリフォルニア州にあるクラフトビールメーカーで、国内外のさまざまな賞をを受賞している実力派ブルワリーです。「世界最高のIPAをつくること」をコンセプトに、ホップの香りや苦みが印象的なIPAを多数生産しています。

Simtra Triple IPA

製造者:Knee Deep Brewing
生産地域:アメリカ・カリフォルニア州
ABV:11.25%
IBU:131
内容量:568ml
スタイル:トリプルIPA

【参照ページ】Simtra Triple IPA 製品情報 | knee deep brewing
【参照ページ】knee deep brewing

ワイングラスでペアリングを楽しむ樽熟成ビール【Abbaye de Saint Bon-Chien】

L’Abbaye de Saint Bon-Chien

引用元:BFM公式WEBサイト

Abbaye de Saint Bon-Chien(アビィ ドゥ セイント ボンシェン)はスイスのブルワリー・BMFのストロングサワーエールで、世界的なサワービールの代表といえます。オーク樽で数か月間熟成されたバレルエイジはフルーティーな味わいと酸味が特徴で、ワインのようなビールです。食事とのペアリングを楽しめる食中酒で、鴨肉やフォアグラとよく合います。16℃のワイングラスに注いでゆっくり味わうと、もっともベストな状態で楽しめます。

BFM(Brasserie Des Franchs- Montagnes)

BFM(Brasserie Des Franchs- Montagnes)は1997年に設立されたスイスのクラフトビール醸造所で、アルプスの山々に囲まれた地域に位置しています。ブリューマスターのジェローム氏は大学でワイン学を専攻したブルワーで、ワインにひけをとらないオリジナルレシピのクラフトビールを生産しています。

Abbaye de Saint Bon-Chien(アビィ ドゥ セイント ボンシェン)

製造者: BFM(Brasserie Des Franchs- Montagnes)
生産地域:スイス・ジェラ州
ABV:11.0%
内容量:750ml
スタイル:サワー

【参照ページ】Simtra L’Abbaye de Saint Bon-Chien 製品情報| BFM
【参照ページ】BFM

ピクニックにぴったり!パンに合うビール【bread】

bread

引用元:AJB.CO公式WEBサイト

Bread(ブレッド)は東京・六本木けやき坂通りのbricolage bread & Co.(ブリコラージュ ブレッドアンドカンパニー)とAJB.COがコラボしてつくったビールで、「フードロス」に着目したサステナブルな取り組みです。オープンサンドを作るときに余ってしまうパンの耳を活用して新たな商品ができないかとの発想から誕生したビールで「bread(ブレッド)」と名付けられました。ライ麦の風味や香ばしさを感じられ、サンドイッチなどのパンメニューとの相性抜群です。売上の1%はフードロスをテーマに活動する530weekの活動費用に充てられています。

AJB.CO

AJB.CO

引用元:AJB.CO公式WEBサイト

AJB.COは2014年に長野県・野沢温泉で誕生したブルワリーで、オープン時から樽熟成(バレルエイジ)への強い情熱を持っており、日本ではじめてオーク製フーダーを採用しました。ほかにもスタイルにこだわらず、常に新しいビールづくりに挑戦しています。

bricolage bread & Co.(ブリコラージュ ブレッドアンドカンパニー)

bricolage bread & Co.(ブリコラージュ ブレッドアンドカンパニー)は東京・表参道のミシュラン3つ星フレンチレストラン・L’effervecence(レフェルヴェソンス)の料理長・生江史伸氏のベーカリーで、パンと料理とコーヒーをコンセプトに、大阪・ル・シュクレクールの岩永歩氏、FUGLEN TOKYOの小島賢治氏と協働で運営しています。原料にこだわったライ麦カンパーニュ「ブリコラージュブレッド」はビールとの相性も抜群です。

bread(ブレッド)

製造者: Anglo Japanese Brewing Company合同会社
生産地域:長野県
ABV:4.5%
原材料:麦芽、ホップ、パン
内容量:750ml
スタイル:スペシャルビール

【参照ページ】bread 単品 |AJB.CO公式”オンラインストア
【参照ページ】AJBブルワリー
【参照ページ】bricolage bread & co.

まとめ

今回ご紹介したクラフトビールにはオンラインショップで購入できるものもあります。ぜひこの機会に新しいクラフトビールに挑戦してみてはいかがでしょうか。自宅やアウトドアでの食事の際、ビールとのペアリングを楽しみながら、素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。

The following two tabs change content below.
サトウ ミズホ

サトウ ミズホ

1983年生まれ。神奈川育ちの京都在住。会社員の傍ら、神社仏閣とビールのWEBサイト「MIZUHO.WORK」を運営。好きな国産クラフトビールは「BLUE BEACH BEER@金澤ブルワリー」。スモーキーなフードやドリンクが好きなので、ビールはスタウト派。夢はヨーロッパの海沿いでビールを飲みながら暮らすこと。