[PR] 西陣麦酒がクラウドファンディング開始!京町家を再生したクラフトビール醸造所と障がい福祉施設の併設目指す

キーワード 岩手

Otomoni(オトモニ)お知らせ

クラフトビールの定期便「Otomoni(オトモニ)」 がブルワリー向けに定期便の仕組みを無償提供する実証実験を開始

クラフトビールの定期便「Otomoni(オトモニ)」を運営するmeuron株式会社は5月23日、 岩手県のブルワリー「ベアレン醸造所(以下、ベアレン)」との提携を機に、自社の定期便のシステムをブルワリーに無償提供する実証実験を実施することを発表した。

コラム

クラフトのノンアル!ノンアルコール・低アルコールの機能性クラフトビール6選

国内の大手酒類メーカーから“機能性”アルコール飲料が数多く販売されていますが、クラフトビール界でも、飲み手の多様なニーズに応えるビールがリリースされているのを知っていますか? 今回はさまざまな場面でビールを楽しむ可能性を広げる、ノンアルコール・低アルコールのクラフトビールをご紹介します!

ビールニュース

話題を呼んだあのコラボビールが再販に!デンマークMikkeller×ベアレン醸造所、クールシップウィーンラガー発売

岩手県盛岡市のベアレン醸造所は、昨年に続きデンマークの人気ブルワリー「Mikkeller(ミッケラー)」とのコラボ商品「ミッケラー×ベアレン クールシップウィーンラガー」を数量限定でリリースしました!。今年のバッチはドイツの新種ホップをドライホッピングしています。オリジナルTシャツ、オリジナルグラウラーも登場!

BEERBIKE(ビアバイク):オランダ発祥の移動式ビアカウンターコラム

旅が街を変える、横浜でオランダ発のビアバイクが走る理由<前編>

日本ビアジャーナリスト協会副代表の野田幾子さんがナビゲーターをつとめ、ビアバイクのイベントを企画した横浜ビールの横内勇人さんとナンバーナインブルワリーの齋藤健吾さんがクラフトビールと横浜の街づくりについて語った、おとなのためのカルチャー講座「幻冬舎大学」のイベントの前編の様子をお届けします。

ビールとホップ豚コラム

ホップの里の地産地消!クラフトビール醸造所から農場へ、ホップ粕で育った「遠野ホップ豚」

「遠野ホップ豚」は、ホップ産地として知られる岩手県遠野市の特産品。ビールの仕込みで出る副産物・ホップ粕を廃棄せず、飼料にアップサイクルして養豚に活用しています。ホップ粕を提供する遠野麦酒のブルワーと「遠野ホップ豚」を企画・販売する日清丸紅飼料株式会社の担当者に「遠野ホップ豚」のプロジェクトについて聞きました。