インディア・ペール・エール(IPA)とは・意味

インディア・ペール・エールとは、イギリスがインドの植民地化を進めていた18世紀末頃、イギリスからインドまでの海上輸送中に傷まないよう、防腐効果を持つホップを大量に使用して醸造されたのが始まりとされるペールエールの一種。香りと苦味が強くアルコール度数が高めという特徴がある。クラフトビールの人気スタイルの1つ。

他のクラフトビール用語も見る