クラフトビールとは・意味

クラフトビールとは、小規模で(大量生産ではなく)、職人(醸造者)の手によって丹精込めて醸造されるビールの総称。一般的に日本で地ビールと呼ばれるビールもここに分類されると考えられる。アメリカにおいては、ブルワーズ・アソシエーションがクラフトビールとは「小規模であること」「独立していること」「伝統的なビール造りをしていること」であるとしている。ただし、アメリカとは状況の大きく異なる日本においては、アメリカのクラフトビールの定義をそのまま転用することは難しいため、現在のところ日本において成文化されたクラフトビールの明確な定義はない。現在では「小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビール」「品質を重視して、ビール職人が手塩にかけて造るビール」の意味で用いられることがほとんどである。

他のクラフトビール用語も見る