オフフレーバーとは・意味

オフフレーバーとは、一般的には食品における経年劣化や化学変化、異物の混入による食品の品質劣化によって生じる異臭などのことをいう。ビールの場合には、醸造工程や保存方法の不備により、微生物の発生やビールが劣化することで生じる異臭や味のことをさす。ビールにおける代表的なオフフレーバーには、DMS、ダイアセチル、イソヴァレリアン酸、酸化臭、日光臭といったものがある。

他のクラフトビール用語も見る